0120-290-621 受付時間:月~金(祝日除)
10:00~18:00

膝が痛くて正座ができない

 

膝が痛くて正座ができない場合の原因

 

膝が痛くて正座ができない

 

「正座をすると膝が痛い」「膝が痛くて正座ができない」と言う場合は、正座をするときに伸ばされる筋肉が、伸びない状態になっているために痛みが起こります。

 

《膝が痛くて正座ができない方の痛んでいる部分を確認した状態》

膝が痛くて正座ができない状態

 

多くは「内側広筋」「外側広筋」「中央広筋」と言った、膝から太腿に伸びる筋肉が痛んでいる可能性が高くなります。それらの筋肉を押圧してみると、痛いと同時にすごく硬くなっているのが分ります。

 

正常であれば、ゴムボールのように柔らかく弾力性のある筋肉が硬くて伸びない筋肉になってしまっています。

 

痛くて正座が場合の損傷筋肉

 

ほとんどの場合、膝上から太腿の筋肉全体が痛んでいます。

 

痛くて正座ができない原因の筋肉

 

 

膝が痛くて正座ができない場合の解決方法はコチラです。

▲ページの先頭へ戻る