0120-290-621 受付時間:月~金(祝日除)
10:00~18:00

背中の痛み原因とメカニズム

 

 「痛みはなぜ起こるのか…?」

ご存知ですか?

 

治療家としては、どうやったら痛みを解決できるか?の前に、「痛みとは何か?」「痛みはどうして起こるのか?」について知ることが必要でした。本当の原因が分らないと、解決方法も分らないからです。

 

そう言うと、「え!痛みは骨がすり減ったのが原因じゃないんですか?」「神経が圧迫されていたんじゃないですか?」と質問されます。確かに痛みを治してもらおうと整形外科に行くと、レントゲンを見せられながら、大抵そのように説明されます。

 

私が昔腰痛で病院に行った時も、「背骨の軟骨がすり減ってなくなっています。手術しますか?」と言われました。私はその説明を聞いて「俺の人生終わりかな…」とガッカリしたのを覚えています。

 

医学部で痛みが起こる原因に関する勉強は

整形外科ではなく生理学でした。

 

私は若い頃、国立大学の医学部で、ドクターの研究論文作成のお手伝いをしたり、研究助手みたいな仕事をしていたので、ドクターのおっしゃることはある程度理解できます。最も科学的で信頼できることも良く分っています。しかし、万能ではなく、特に痛みの解決に関しては凄く苦手だという事も知っています。

 

それで、痛みがなぜ起こるのか?つまり『痛みのメカニズム』について現代医学でどうなっているのか調べてみました。すると、痛みがなぜ起こるか?に関する勉強は「生理学」(生命の仕組み)で学ぶ内になっています。基礎医学の生理学の教科書にどう書いてあるかというと…

 

生理学の痛みのメカニズム

 

患部が継続して大きな刺激を受けると、脳はその刺激を受けて、自律神経の交換神経が緊張します。交感神経が緊張すると、血管が収縮し、その結果血流が悪くなり筋肉細胞に十分な血液が行かなくなり酸欠状態になって行きます。

 

細胞が正常に機能するために酸素は必要不可欠なものなので、酸欠状態は危機的な状況になります。この危機的状況に反応して、血漿からブラジキニンという痛み物質が発生します。

 

このブラジキニンが知覚神経の先端に付いている「ポリダーマル侵害受容器」(痛みセンサー)にぶつかると痛みの電気信号が発生し、神経を通して脳に伝わると痛みを感じるようになります。(概略まとめ)

 

痛みの本当の原因

 

同じ現代医学のなのに、生理学で学ぶ「痛みのメカニズム」と、整形外科で説明を受ける内容は全然違っているのが分ると思います。これが『現代医学は痛みの解決に関しては凄く苦手』の原因ではないかと思います。「痛みのメカニズム」で重要なことは…

 

1)痛み原因は、骨がすり減って起こる問題でも、神経が圧迫されて起こる問題でもなく、筋肉細胞の問題で起こる

2)神経はセンサーの役割をしている(神経が痛い訳ではない)

3)痛みは危険な状態を知らせる電気信号

だと言うことです。

 

神経の仕組み

 神経の構造神経イラスト

 

あなたの背中の痛みは…?

 

 私がこれまで10,000人以上の患者さんの痛みを見て、話を聞いた結果、痛みの原因になっていると思うことが4つあります。

 

背中の痛みの原因1 仕事による筋肉の酷使

 

私たちは色々な仕事をしています。「仕事をする=体を使うこと」と言ってもいいと思います。例えば運送業であれば、毎日重い荷物を担いだり持ったりします。それを何年も何十年も続けたらどうなるでしょうか?

 

農業の方なども同様です。リンゴや柿など果樹農家の方は、繁忙期になると必ず背中を痛めます。コンテナいっぱいの重い荷物を毎日何百個もトラックに積むからです。それを何年も何十年も続けたらどうなるでしょうか?

 

仕事で筋肉を酷使して痛めているケールが非常に多いです。つまり職業病です。大工さん、電気工事やさん、内装屋さん、八百屋さん 重い物を持つことの多い仕事の人は、大抵背中が痛んでいます。

 

痛みのメカニズムの最初に、「患部が継続して大きな刺激を受けると」とあります。患部つまり筋肉に毎日毎日強い刺激(ストレス)がかかると痛みが起こることになります。

 

背中の痛みの原因2 スポーツによる筋肉の酷使

 

仕事と同じことがスポーツをする人にも言えます。色々なスポーツで筋肉を酷使して痛んでいるケースもたくさんありす。サッカー、野球、陸上 恐らくプロスポーツ選手で痛みのない人はほとんどいないと思います。

 

それは将来プロを目指す小さな子供達や中学生、高校生も同じです。以外に多いのが、今はたいした運動していなくても、昔頑張ってやっていた時に痛めたのが、何年もたって表面化してくる場合も少なくないと言うことです。柔道などの格闘技や体操などされた方に多いです。

 

背中の痛みの原因3 精神的ストレス

 

痛みが筋肉の酷使が原因ではなく、仕事や家庭でのストレスが原因の場合もあります。痛みのメカニズムで、「自律神経の交換神経が緊張して血流が悪くなる」とありました。交換神経の緊張は精神的なストレスでも起こります。

 

肉体的な酷使はなくても、残業残業で精神的に参った状態が続いたり、家庭での心配事が続いたりしても同じような痛みが起こってきます。

 

背中の痛みの原因4 老化

 

最後にどうしても避けられない問題として「老化」があります。「老化」は活性酸素が原因と言われています。酸化つまり体の細胞が酸化によって錆びて死滅していくことが分っています。筋肉細胞がどんどん破壊されて、筋力が弱くなって行きます。筋力が弱くなってきた時に、先にお話した、酷使した筋肉やスポーツで痛めた筋肉部分に痛みが起こってくることも少なくありません。

 

 

 

以上の4つがこれまでたくさんの方の痛みを調べて分った主な原因です。重要なのは、ほとんどは整形外科的な問題ではなく、生理学で言う筋肉の問題で痛みが起こっているということです。

 

しかし、病院のレントゲンやMRIといった最新の検査機器に、筋肉の痛んだ状態は写らないので、骨や神経が原因になってしまうケースが非常に多くなります。

 

「手術をしても痛みが取れない」「原因不明」「薬を飲んでも効かない」「色々な治療を試しても良くならない」などの原因の多くは、筋肉の事が分らないために起こっていると思われます。

 

痛んだ筋肉細胞をどうすれば改善できるのか?それは「痛みが改善するメカニズム」でお話したいと思います。

 

 

「痛みが改善するメカニズム」はこちら 

 

▲ページの先頭へ戻る