0120-290-621 受付時間:月~金(祝日除)
10:00~18:00

体(背骨)が曲がっている(側弯症)

 

体(背骨)が曲がっている(側弯症)原因

 

体(背骨)が曲がっている側弯症

 

上の写真は「側弯症」と診断された状態です。確かに背骨が湾曲して曲がっていますので、これは背骨の病気だという診断になります。

 

しかし、注意してみると背骨と一緒に骨盤も曲がっているのが分ります。右のお尻が傾いて、イスから浮き上がっています。

 

背中が曲がる側弯症原因

 

 

このような症状で悩んでいらっしゃる方が多いと思うので、解説します。

 

側弯症の方(背骨が曲がっている方)は、程度の差はありますが非常に多いです。そして背骨が曲がっていると、必ず腰痛などの症状もあって、骨盤も傾いています。

 

これは背骨が曲がっているのではなく、先に骨盤が傾いているために背骨が曲がってしまうのです。では、なぜ骨盤が傾くかと言うと、骨盤と肋骨をつないでいる「腰方形筋」という筋肉が悪いからです。

 

自分で押圧しても分りますが、左右の「腰方形筋」がすごく硬くなっています。片方は収縮した状態で硬くなっていて、もう片方は伸びた状態で硬くなっています。

 

この「腰方形筋」という筋肉が正常(柔らかく伸びる状態)になると、骨盤の傾きも改善して、背骨の状態も下の写真のように変わってきます。

 

体(背骨)が曲がった側弯症の改善例

 

 

体(背骨)が曲がっている(側弯症)場合の

解決方法はコチラです。

▲ページの先頭へ戻る